[戻る]
一括表示

HLAWDでWACAやWAGAを別々に表示させる方法 投稿者:7L2QXJ/高橋 投稿日:2015/01/29(Thu) 15:53:59 No.2356

HLAWDでWACAやWAGAや町村や区などを申請したいのですけれど、どのようにすればそれぞれを分けて表示し、申請することができますか。ご教授のほどお願いします。

Re: HLAWDでWACAやWAGAを別々に表示させる方法 投稿者:JO2HPO/鈴村 投稿日:2015/01/29(Thu) 20:52:24 No.2357

HLAWD は基本としてご自分で使い方を考えていただく事にしているのですが・・・
とりあえず WACA を例に説明させていただきます
1.HAMLOG からのデータ抽出を行います(これは特に説明するまでもないとおもぴますが・・・)
2.基本抽出(簡単なデータ整理)を行います
ここでは QSL 未受領の更新データの削除、Jcc/Jcg コード未入力データの削除や Dx 局の削除、シングルバンド選択ならバンドの設定、交信モードも特定モードだけならココで選択します
3.Jcc/Jcg の処理を行います
ここでは東京都の各区から受領したカードをどうするかを設定します
Jcc コードが 区 になっているコードは 市 に変換します
コード欄が、郡・町村 のものは削除するように指定します
更に Sort 指定で「昇順」を選択します、これによってこの「Jcc/Jcg処理」が終わった時点で、交信データは Jcc/Jcg コード順に並びます
4.必要ならば「消滅 Jcc/Jcg 処理」を行います
HAMLOG.MST をチェックして HAMLOG.MST で消滅 市 郡 が見つかった場合基本的には交信データを削除します、残したい場合は 赤いバックで「削除」となっているところをダブルクリックするとバックが水色にかわり「残す」扱いになります
5.データの単純選択 を実行します
これは直前の各種処理の中で 「Sort」を指定した場合交信データはその処理での項目順に並んでいます
Jcc/Jcg 処理の後では Code 順に
「各種並び替え」ではその中で指定した順に並んでいます
で・・・
このデータの単純処理では並び替えて並んでいるデータで最初に現れたデータのみを選択し、ほかのデータを破棄します
Jcc/Jcg 処理の後では同一のコードデータのうち 一番最初に見つかったデータだけを選択し同一 Code を持った他の更新データを破棄します

後は 実際に「ワードログの印刷」を行うか 「作業ファイルの内容を表示します」でその結果をご確認下さい。

HLAWD にはボタン一つで特定のアワードリストを印刷する機能はありませんが、色々な処理を組み合わせて使っていただく事で JARL アワードだけでなく各種アワードに対応できるようになっています、処理自体はかなり高速に処理されるはずですので、色々トライしてどんな結果がでてくるか試される事をお勧めします。

- WebForum -