HLTST Ver 8.0

Last Update 2017/02/01


indexQ & A


Top






HLTST は Turbo HAMLOG の交信データをもとにしてコンテストログとサマリーシートを印刷するためのツールです。
当然コンテストのほかにも ニューイヤーパーティーなどのログ・サマリーの印刷も可能です。

インストール・動作確認した Windows 環境は以下のものです。
98 Me NT4(SP3) 2000(SP1) XP VISTA Windows7 Windows8 WIndows10

Ver 7.4 からは Windows 95 は非対応とさせていただきます
NT 系の OS は、一定のサービスパックが適用されていないとインストール・動作出来ないのでご注意ください。
HLTST の基本環境は以下のとおりです
  1. HAMLOG/Win Ver5.0x 系の HDB ファイルに正式対応、従来のDBS ファイルにも対応しています、HAMLOG/Dos でも使用可能です。
  2. HAMLOG/Win Ver5.03 及び HAMLOG/Dos Ver 4.31L から変更になった HAMLOG.MST ファイルにも対応(従来の HAMLOG.MST も使用可能)
HAMLOG/Win Ver5.0x を HMALOG Ver4.x と同じ場所にインストールしている場合
最初のメニューで HAMLOG.HDB を指定しなおさない場合 以前の HAMLO.DBS を読みに
行く事があります、ご注意ください。




Ver 8.0 での修正点は以下のものです 2016/08/22
2017年春から JARL 制定の電子ログ形式が R1.0 から R2.0 に変更になりますい。
それに対応したのが Ver 8.0 です、申し訳ございませんがこの Ver 8.0 のHelpファイルは旧来の物となっていますが基本的に従来のバージョンからの変更点は電子ログのバージョン変更だけですのでご理解ください。

ご注意
当面 JARL の電子ログ新形式 R2.0 に対応するコンテストは JARL 本部開催のコンテストだけと予想されます、 HLTST Ver 8.0 は JARL の旧電子ログ形式 R1.0 にも対応していますので参加するコンテストによって R1.0/R2.0 のどちらで提出するかを判断してお願いいたします。 どちらの形式で提出するかは 各コンテストの主催者の規約等をご参照ください(JARL本部主催のコンテストに関しては自動的に R2.0 形式を選択されます)
上記変更にともいない、プログラム寧分で使用しているコンテスト名称ファイルのレイアウトが変更になっていますので Vre8.0 インストールに伴ってそのファイルが上書きされます、ご自分でカスタマイズされている方はご注意ください。


Ver 7.8a での修正点は以下のものです 2016/08/22
いつのバージョンからかはっきりしませんが、コンテストの「参加部門ファイルのカスタマイズ」をする場面で「初期ファイル化」ボタンを押した時に使用する 参加部門ファイルの初期化用データがインストーラーから欠落していました、Ver 78 に対して初期化用ファイルを付加しただけのもので、機能などには変更がありません。

Ver 7.8 での修正点は以下のものです 2016/04/24
Ver 7.7 で公開した JARL 形式の電子コンテストログファイルのレイアウトを一部変更しました
尚、 JARL コンテスト委員会からは Ver 7.7 形式の電子ログファイルでも全く問題ないとの連絡を受けています。



現在認識されている不具合は以下のとおりです。


マルチを複数指定するコンテストで、電子ログを作成した場合、第一マルチがマルチ処理でマルチの値が空になった時、電子ログ上では第二マルチが第一マルチの位置に表示されてしまう。

この件に関しては、複数マルチを指定したとき、ログシートの行の長さが80バイトを超えてしまい、使用するメールソフトによっては、行の途中で強制改行されるケースが出るために対処が難しくなっています。
複数マルチがあるコンテストの場合、日数マルチなどは(許されるならば)局種係数で日数マルチを処理される事をお勧めします。



Ver6.1 以降をご使用の方は、旧版に上書きインストールすれば環境などは引き継がれますが、それ以前のバージョンの場合以下のファイルは初期化されますので自分用にカスタマイズされている方は再度設定をお願いします。

HLTST80.EXE のダウンロード







Top